*Basic content is fulfilled, but we are gradually updating it.


目次

当院では身体全体への”影響順位”を調べることができるため、”元に戻らない”施術を行うことができます。一度施術したポイントは一回で終わり、次のポイントへ移ります.


① 身体のどこが問題かわかる。

身体全体は、筋膜(ファシアFascia)・膜組織(Membrane)によって、足の先から頭頂まで繋がっています。

これは、筋肉(筋膜)、骨(骨膜)、内臓(胸膜・腹膜)、頭蓋内(硬膜・くも膜)と名前は変わるものの、

膜として”ひとつながり”であるため、どこかで制限(膜の癒着や緊張)があると、シーツの端をつまむことで全てが引っ張られるように、制限箇所が身体の他の部分を引っ張ります.

(お肉のこの部分↓が膜です。ちなみにリブです)

膜が引っ張られることで、体のあちこちが圧迫され、静脈やリンパ・体液が滞ります。

それにより、体にゴミ(老廃物)が溜まりやすくなり、体内の炎症も起こりやすくなります。

そしてそれが、肩こりや腰痛をはじめとした、様々な症状を引き起こしたり、悪化させたりします。

※ 筋膜(ファシアFascia)に関する情報は、こちらのNHKの特集がとてもよくまとまっているので、よかったら参考にしてみてください。


整体たに川では、訓練された手掌感覚によって、体の中の膜をスキャンするように辿っていき、全身の中から実際に制限されているところを見つけ出すことができます。


当院では施術エリアが一般的な整体院と比べ極めて広範囲です。

一般的な整体院では、筋肉や一部の関節へのアプローチに限定されるのに対し、当院では全ての筋肉と関節に加え、内臓を支える靭帯や、骨膜や硬膜など、全身のあらゆる部分に潜む制限(硬いところ)を緩めることができます。

これにより、幅広くきめ細かく身体全体のバランスを整えることができます。Reviews and Treatment Casesにあるとおり、病院でも改善しなかったような症状が良くなることもあります。

※ なお、全身と聞くと逆に不安になる方もいるかもしれませんが、施術は極めてソフトで、女性に対する心臓や肺など胸へのアプローチする場合はご自身の手を置いて頂き、その上からの施術を行います。子宮や膀胱周りへのアプローチには、下腹部から圧力を伝えることで施術を行いますので、デリケートなポイントに直接触れて施術をすることはありません.


施術は、手の重さ程度の圧力です。一般的な整体院のように、指圧やスラストは行いません.

この最小限の力は、体の中の動きをうまく導くことで十分に得られるため、ほとんど外力を加えずに、体に負担をかけずに施術を行うことができます.

生後1ヶ月から90代まで、妊婦さんから猫まで、安全に施術を行うことができます。


Dealing with difficult problems and symptoms


⑤ まとめて色々良くなることが多い。


⑥ 元に戻らずに前に進める。


⑦ たくさん頻繁に通わなくていい。


身体の緊張は相互に影響しあっていて、これには親子関係のような優先順位があります。

親の問題(例えば胃の緊張)を解放することによって、子の問題(例えば肩こり)が生まれなくなります。

多くの整体院では、この優先順位を調べることができないために、同じ箇所を何度も施術し続けることになります(親の問題により、子の問題が生み出され続けるため、元に戻ってしまうからです)。

当院では、毎回施術するところが変わります。

一つのポイントへの施術は基本的に一回のみで解消し、一度緩めたところは基本的に元に戻らないため、毎回次のステップへと進むことができます。

これにより、

④難しい問題や症状に対しても、複雑に絡まった糸を解くように、身体を改善する緒を見出すことができます。

また、より身体全体への影響範囲の大きいポイントを施術していくため、⑤まとめて色々良くなることが多く、身体全体への影響順位が高い順に施術していくため、⑥元に戻らず前に進めます。

ゆえに、そのことが効率的に身体全体を改善していくことに繋がり、⑦たくさん頻繁に通わなくていい、これが当院の施術の特徴です。

以下、上記画像部分の書き起こし(補足込み)です。

「当院の施術の最も大きな特徴の一つとして、一度施術した箇所は(もう一度やられない限り)元に戻らない、という点が挙げられます。それは、身体システムの中の関係性・影響関係を個別に調べることで、影響の根元にあるポイントから施術していくことができるからです。

上の例では、肝臓周囲の固さが身体全体の中で最も影響の深いポイントとなっています。そのため、肝臓周囲をしっかり緩めることで、肝臓周囲の固さは再び現れなくなります(他から張力を受けていないため)。

逆に、例えば図の右下にある左仙腸関節を最初に緩めても、元に戻ってしまいます(肝臓と右足首から矢印が出ており影響を受けている状態のため)。」

※なお、この影響関係・影響順位は個別の身体の状況により変化します。複雑に絡まった糸を思い浮かべて頂けるとわかりやすいかもしれません。ここで何を言いたいのかというと、施術するポイントの順番が非常に大事だということです。

以下、上記画像部分の書き起こし(補足込み)です。

「毎回次のステップへ。一歩ずつ確実に進む。身体全体の優先順位・影響順位の高いポイントから施術を行うことで、毎回次のステップへ進むことができます。これが何を意味するかというと、施術箇所が毎回変わっていきます。

上の例では、最初に肝臓を緩めたら、そこはもう完了です。

この例では、肝臓周囲の緊張が身体全体に対して最も影響力の高いポイントなので、肝臓周囲を緩めるだけで、身体の他のポイントも同時に緩みます。

肝臓の施術が終わった後は、右足首→左仙腸関節→心膜と(この例における)優先度の高い順番で緩めていくことにより、身体にかかる圧迫・負担は確実に減っていきます。

つまり、一度施術したところは”元に戻らない”わけです。」

また個別に、特定の症状に関係のある場所を探したり、特定の問題やパフォーマンスと関係のある身体のポイントを探すこともできます。




Seitai Tanigawa


■住所■

〒606-0026

京都市左京区岩倉長谷町244 Casa del Arte 304

■電話番号■

050-3698-4890

■Eメール■

contact@seitai-tanigawa.com


en_USEnglish